鬼は手の鳴る方、彼女は悪魔の方

君が想像する「幻」と、一般的に考える「勘違い」は、もしかするとまったく違うのかも。そう考えると、なんだか変な感じがする。

気どりながら歌うあなたと横殴りの雪

明日香は、大学で一番に打ち解けた友達だ。
明日香ちゃんの良い所は、人を否定しなくて、細かい事は気にしないところ。
私が親しくなりたいと話かけたそうだが、記憶にない。
遊びに行くと、問題は小さくなるので、とても安心する。
細身でスキニーなのに深夜にハンバーガーを注文しに車を走らせたりするという。

一生懸命ダンスする先生と飛行機雲
打ち上げ花火の季節だけれども、しかし、今住んでいる場所が、リゾート地で土曜日に、花火が打ち上っている、すでに慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週、花火をあげているので、ものいいもどっさりあるらしい。
俺の、家でも打ち上げ花火の音がうるさくて娘が怖がって泣いている。
夏の季節に数回ならいいが、夏季の間、毎週、一時間近くも音がなっていては、うざい。
さっさと花火が上がらなくなればいいのにと思う。

ひんやりした水曜の晩は外へ

友人のちかこは賢い。
頭が良いなーと感じる。
とりあえず人を裁いたりはしない。
何コイツ!?と思っても、ちょっとでもその人の気持ちを尊重する。
そうしているうちに、視野が膨らむし、我慢強くなるのだ。
考えを貫く事より、こうしている方が知佳子にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、起こったことを自分のものにするやり方をよーく分かっている。

控え目に自転車をこぐあの人と気の抜けたコーラ
手を出せば、ものにするまでに多くの時間を要するものが、世間にはたくさん存在する。
パッと思いつくのが、外国語ではないかと思う。
実は、隣国で使用される韓国語は、例外的で、日本の言葉と語順が一緒で、実は発音がそっくりなので、身になりやすいそうだ。
昔、韓国語を勉強していた友人の明日香は、今からのスタートでも割と習得しやすいので飽きないよ、とのこと。
少しだけドキドキしたけれど丸や縦線を組み合わせたようなハングルは暗号にしか見えない。

汗をたらして踊るあの子と霧

とある大きな内容の業務が舞い込んできたとき「大丈夫だろう」と考えていた新入社員の頃。
当時の私たちメンバーのみんなが「過ぎちゃえばなんてことないよ」など楽観的にとらえていた。
このタイミングで指導担当の社員さんが口を切った言葉が脳裏に残っている。
「目標に向かって、十分に毎日を費やしたからこそ、業務終了後に成功するだけの話。
だから、あなたたちみたいに軽く構えていて、偶然仕事が簡単だったという意味は含まれていません。
過ぎればなんてことないといった裏の意味は、それとは逆です。
コツコツと真面目に勉強し準備を進めたからこそ能力が業務内容を越えて、内容がスムーズに進んだと言う事実を言っています。
がっつり仕事をする気になれましたか?
なめていないで早く取り組んでください。」
との事。
その後、私たちは頑張って勉強しなんとか収めきることができた。

目を閉じて踊る兄さんとわたし
さやかちゃんはパッと見おっとりしているように見られるらしいけど、アクティブな女性。
夫と、1歳の賢治くんと、3人暮らしで、ミスドの向かいのアパートに住んでいる。
パートも育児もささっと行い、毎日が充実していて、時間の有効活用は上手い。
少しでも暇を見つけると、どこか行かない?など必ずメールをくれる。
私は喜んでクッキーを持って、彼女の住まいにお呼ばれする。

無我夢中で泳ぐ子供と私

非常に甘いおやつが好きで、甘いおやつなどをつくります。
普通に泡だて器で一生懸命混ぜて、焼いて作っていたのだが、最近、ホームベーカリーで作ってみたら、とっても簡単でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンを細かくして混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養がとれるように気を付けている。
砂糖が控えめでもニンジンやかぼちゃの甘さがあることによって、喜んで口にしてくれます。
最近は、スイーツ男子なんて表現もテレビであるから普通だけれど、しかし、若いころは、ケーキを自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、お菓子をつくる男がよくいるよねと言われてそれも寂しい。

喜んで熱弁する子供と紅葉の山
知佳子とニューヨークのアバクロに入った。
まじでアバクロンビー&フィッチのファッションコーディネイトがお気に入り。
それに、お店の中のデザインと、香水の香りが。
2時間程度うろついて、Abercrombie & Fitchを出た。
気付いたら、私が道を占領して歩いていたので、ごめんなさいと言い振り返る。
見ると、店員さんだと思っていた男の人。
笑顔で、ありがとう、と言っていた。
目についたのは、そのショップ袋。
アバクロでいったいどれくらい買い物したの?と聞いてみたかった。
その後、スタバでチカコとそのお兄さんの収入予測で話が弾んだ。
本当の事は永遠の謎だ。

夢中で泳ぐあいつと突風

2年前、体調が良くない上に、食生活と、眠りの具合が悪かったので、口内炎が多かった。
マズいと思い立って、生活リズムを整え、健康にいい事をし続けようと周りの意見を聞いた。
根強く推進されたのが、アセロラジュースだ。
今でも毎晩飲む。
あのレモンよりも肌に必要なビタミンCが多く入っているらしい。
ヘルシーと美は結局食事から出来るのかもしれない。

薄暗い日曜の夕暮れに目を閉じて
なんだか縫物の為の生地は少しでも値段がする。
わが子が園にもう少しで行くので、きんちゃく袋のようなものが園から指示された持ち物だけど、わりかしただの布が価格が高かった。
ことに、アニメのキャラクターものの縫物の為の生地なんて、すごく価格が高かった。
あんまり種類も無いのにキャラクターものの仕立てるために必要な布がとても高かった。
使用するサイズの既成品をお店で購入するのが手っ取り早いし、簡単だが、農村なので、確認したら、みんな、母親が縫ったものだし、近所に販売していない。

サイトコンテンツ

君が想像する「幻」と、一般的に考える「勘違い」は、もしかするとまったく違うのかも。そう考えると、なんだか変な感じがする。

Copyright (c) 2015 鬼は手の鳴る方、彼女は悪魔の方 All rights reserved.