鬼は手の鳴る方、彼女は悪魔の方

あなたが想像する「クリエイター」と、みんなが感じている「音楽家」は、もしかしたら全然違うものかもしれない。そんなことを考えると、なんだか変な感じがする。

余裕で泳ぐ子供と読みかけの本

ツアーでも出張でも、韓国に行く機会が多い。
中でも、博多港からすぐ行ける釜山。
観光ももちろんだが、女の人はコスメや小物など興味を持っている方も多いようだ。
この国では見た目へのこだわり、つまり自分を磨くことに関しての熱は素晴らしいといわれる。
就職や、お見合いの際に、日本よりもあからさまに判断する傾向が多々ある。
という事で、韓国のケア用品は、美容成分が日本の商品より、多く含まれているらしい。
そのため、合う合わないは出てくるものの、効果は期待してしまう。

どしゃ降りの月曜の夕方にビールを
憧れの寒い寒いロシアに、絶対行ってみたいという夢がある。
英語に挫折しそうになった時、ロシアの言語をやってみようかと考えたことがある。
だけど、書店で読んだロシア語の文法の参考書をみて速攻で英語にもどった。
verbの活用形態が突き抜けて多かったのと、私ができないあの巻き舌だ。
旅行者としてスピリタスとビーフストロガノフを目指して行こうと思う。

気どりながら大声を出すあいつと読みかけの本

せがまれて、山のモウソウダケのすかしを助勢していたけれど、しかし、大きく重い竹がとてもひしめいていて厳しかった。
知人が山の管理を父親から引き受けて、竹がはびこりすぎて、手入れのしようがなかったそうだ。
私たちは、仕事で役立てる大きな竹が欲しかったので、いただけるとなり、タイミングが良かったが、うじゃうじゃ竹が生えた山から運び出すのも大変だった。

陽気に自転車をこぐ父さんと僕
どんなことでもいいので一つの好きなことを、長くコツコツ続けている根気のある人に憧れる。
スキーだったり、絵画でも、とても目立たない内容でも。
一年に一回だけでも、あのメンバーで、あのホテルに連泊する!でも良いんじゃないかなと感じる。
どんなことでも一つを辞めないで続ければ最後には実用レベルまで到達することがあるかもしれない。
実は、幼稚園のころにピアノと編み物とを教わっていたが、もっと頑張ればよかったな。
このように実感するのは、空き部屋のの角にお父さんに貰ったピアノが眠っているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いずれもう一度練習したいという夢がある。

どんよりした祝日の午前は微笑んで

江國香織さんの物語に出てくる女性は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
不倫を責めない。
だけど、心底愛しているのは別のただ一人。
このようなヒロインが多く見られるような気がしませんか。
旦那意外との恋愛を陰だと考えれば、本命は陽。
ふと、別の自分が入ったように陰が出てくる。
結婚以外での恋愛に関する善悪は無視して、そのストーリーの女の人を凝視する。
私の中にもう一つの恋愛に対する考え方や見かたが現れることもありえる。

のめり込んで吠える先生とあられ雲
自分自身、アレルギー体質で、化粧は少しも使用してはいけないし、乳液も一部だけだ。
従って、果実やサプリメントのパワーに頼ってしまうのだが、近頃摂っているのがコラーゲンだ。
緑茶に入れて、毎晩愛飲しているけれど、少しだけ素肌がつややかになった。
そして、飲むようになってから効果が出るまで、即効性があったので、びっくりした。

気持ち良さそうに自転車をこぐあいつと霧

チカコの住まいのベランダで育てているトマトは、不運な運命なのかもしれない。
ぎりぎりまで水をあげなかったり、ワクワクしながらコーヒーをプレゼントしたり、だし汁を与えたり。
酔った私と彼女に、ウイスキーを与えられたこともある。
トマトの親である友達は、次回ぜひトマトジュースを飲ませたいという。
もうミニトマトの気持ちは完全に無視。

薄暗い木曜の夜明けにお酒を
今時のネイルサロンは、3Dアートなど、とても高い技が使用されているようだ。
少しだけサービスのあるインビを貰ったので、サロンに向かった。
私は、柄や雰囲気に対して、悩んでしまうので、決定するのに時間を使った。
小指と薬指に、特別にネイルアートをしていただいて、凄く機嫌がよくなった。

夢中で跳ねる母さんと気の抜けたコーラ

本日の体育はポートボールだった。
少年は、ボールを使ったスポーツが苦手だったので、つまらなそうに体操着を着ていた。
今日はきっと、運動神経のいいケンイチ君ばかり活躍するんだろう。
今日はおそらく、運動神経バツグンのケンイチ君の活躍が目だつんだろう。
ということは、少年が大好きなフーコちゃんも、ケンイチ君が活躍するところを見るなるのだろう。
少年は空を仰いで体操帽子をかぶると、運動場へ向かった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年の方を何度もチラチラ見てたことを、少年は気付かなかった。

天気の良い祝日の午後にゆっくりと
今日は、1ヶ月半ぶりに大雨になった。
ウキ釣りの約束を仲間としていたのだが、雷が鳴っていたので、さすがに危険で行けそうにない。
確認したら、雨がやんだので、やっぱり行くということになったのだが、釣りに行く道具の準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨がやんだから来ていた釣り人が、あせって釣り道具をしまっていた。
餌も解かして用意していたのにもったいなかった。
またの機会に行ける日にと言って道具をなおした。
来週は晴れらしい。
その時は、次こそ行ってみよう。

サイトコンテンツ

あなたが想像する「クリエイター」と、みんなが感じている「音楽家」は、もしかしたら全然違うものかもしれない。そんなことを考えると、なんだか変な感じがする。

Copyright (c) 2015 鬼は手の鳴る方、彼女は悪魔の方 All rights reserved.